Tourism

  • 木落し坂の頂上にある模擬御柱

木落し坂(下社)

御柱祭山出し最大の難所「木落し坂」

七年に一度執り行われる「御柱祭」では、直径約1m、長さ約17m、重さ約10t 以上にもなる樅の巨木を山から曳き出し、諏訪大社四宮の社殿の四隅に建てます。この勇壮な祭りの前半、山出しのクライマックスが「木落し」で、ここ「木落し坂」はその舞台です。氏子たちがまたがった巨木が、傾斜35度長さ100mの急坂を一気に曳き落とされる様は「男見るなら七年に一度諏訪の木落し、坂落とし」とうたわれるように勇壮そのものです。

Informatiaon Information

入館料 無料
住所 下諏訪町木の下(酷道142号線を長和町方面に、右手に表示有り)
駐車場 なし
トイレ なし
ページ
トップ