諏訪大社下社春宮の近くに鎮座している“万治の石仏”のまわりの田んぼで脱穀を行いました。9月22日の稲刈り後、稲架掛け(はぜかけ)で乾燥させていました。この後、精米し「万治の恵み」として配布します。