慈雲寺(じうんじ)

観光

春宮の鎮護を目的に建てられた鬼門寺

大祝金刺満貞が、鎌倉五山の一つ建長寺住職一山一寧禅師を招いて正安2年(1300年)に開山されました。優れた僧が続き、臨済宗の信州筆頭であることもあり、武田信玄ゆかりの寺として知られています。天桂の松・大梵鐘・竜の口などの見所も多く、裏山には高島城を築いた豊臣秀吉の家臣、日根野織部正高吉の墓もあります。


近くのスポット