木落し坂(下社)

観光

100メートル傾斜35度

7年に一度、甲年と寅年に行われる天下の大祭。宝殿と四つのお社に建つ各四本の御柱は直径約1メートル、長さ17メートル、重さ10トン以上にもなる巨木を山から曳き出し、人力のみで各神社まの社殿を囲むように四隅に建てます。
勇壮な祭りの代表的な場面としての、「木落し」となる舞台。
斜度がきつく一気に落ちていきます。


近くのスポット