ぎん月(ぎんげつ)

宿泊

下諏訪の高台に位置する和風で上品な天然温泉の宿。

諏訪大社総本社の門前町、下諏訪は、古代より神話の里。神より授かったいで湯に浸かり、彩り豊かな会席涼気に舌鼓を打つ。真心あふれるわが宿で、満ちたりた安らぎのひとときを。
お料理 古くは料理割烹だったぎん月の誇り
大正年間から昭和初期までは料理割烹、昭和23年に業態替えして料理温泉旅館として営業をしている当館は料理に力を入れております。料理コンクールで受賞を重ねてきた料理長が、腕によりをかけた極上の会席料理では、滋味深い味わいと信州の季節感を堪能していただけることと思います。食材選びから盛りつけまで心をこめたお料理をお楽しみくださいませ。また若女将が選りすぐりのおすすめの地酒も豊富にご用意しておりますのでぜひご賞味いただけると幸いです。
温泉 神話と伝説の湯
ぎん月のある下諏訪は中山道と甲州街道の分岐にあたり、中山道で唯一の温泉宿場であり古くから旅人の疲れを癒やしてきた伝統ある温泉地。現在でも毎分6000リットルという豊富な湯量を誇っております。当館は露天、内湯ともに諏訪大社の女神さまの伝説に由来する「綿の湯」の源泉を引いており、「綿」の名のとおり柔らかく肌に優しい泉質の源泉を贅沢に掛け流しで使用しております。貸切で露天風呂をご利用いただけますので、ご家族、ご夫婦ご友人同士でゆっくりとお楽しみ下さい。
お部屋食 お客様とのふれあいを大事にする創業当時からの伝統
ぎん月では「和」の心を大切に、お客がゆっくりとお寛ぎいただけますよう誠心誠意おもてなししております。いまでは少なくなったお料理を部屋でいただくお部屋食もこだわりのひとつ。せっかくご旅行でいらっしゃるのですから、まわりに気を使うことなくお客様のペースでゆっくりとお料理を召し上がっていただきたいと考えています。

※朝食もご希望によってはお部屋食にいたします。その場合は別途ご料金がかかります。予約時にお申し付けくださいませ。
※お子様向けのお食事やお年を召した方のために、お料理は工夫をいたしております。また大切なご家族であるペットのご同伴も歓迎(部屋数限定)です。ご遠慮なく予約時にご相談くださいませ。
ご朝食 心をこめてお出しする「まごはやさしい」ごはん
みなさまの健やかな体を作るための大切な食。朝ご飯は特に大切です。そんな願いから「まごわやさしい」ご朝食をご用意しております。「まごわやさしい」とは、ま(まめ)=豆類、ご(ごま)=種実類、わ(わかめ)=海草類、や(やさい)=野菜、さ(さかな)=魚介類、し(しいたけ)=きのこ類、い(いも)=いも類を取り入れたバランスのよい食事のこと。体にやさしい朝食で爽やかに一日のスタートを切っていただきたいというおもてなしの心をこめております。


近くのスポット