諏訪エリアで撮影が行われました映画『ひるなかの流星』が3月24日(金)全国ロードショー!!

この作品は、長野県(富士見町・原村・茅野市・松本市)で合宿シーンの撮影が行われました。

“初恋のバイブル”として絶大な人気を誇る、累計250万部突破の大人気少女コミックが、待望の映画化!主人公・与謝野すずめを演じるのはドラマ、映画、CMなど話題作への出演が相次ぐ2017年注目度NO1女優・永野芽郁。
そしてティーンからの絶大な人気を誇る三浦翔平と白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の2人が、担任教師とクラスメイトとして、すずめを交えて“かつてないピュアな三角関係”を繰り広げます。

映画『ひるなかの流星』2017年3月24日(金)全国ロードショー
キャスト:永野芽郁 三浦翔平 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)
原作:やまもり三香「ひるなかの流星」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:新城毅彦
脚本:安達奈緒子
公式サイト:http://hirunaka.jp/
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社
(C)やまもり三香/集英社

【長野県内のロケ地】富士見高原リゾート(ジュネス八ヶ岳・創造の森)、大滝遊歩道(茅野市)、JR信濃境駅(富士見町)、街並みの風景(原村)、県立松本深志高校(松本市)など

【撮影時期】2016年9月~10月